色鉛筆

損な名前だと思うんです。。

化学染料とはその昔、ドイツの学者さんが発見されたことからはじまった合成染料です。化学や合成となにかと危険な香りのする名前ですが、他に適した名前が見当たらないので化学染料って呼んでます。損な名前ですよね。名前だけで毛嫌いしないで中身も見てあげてくださいね。
続きを読む

草木染めですか?って よく聞かれます

「草木染め」というのは山崎斌さんが昭和5年に商標登録された言葉なのです。
現在は誰が使っても良いそうですが、これでも一応素人ではありませんので使わないでおきましょう。
そんなことでスタジオモフサでは天然染料と呼んでます。
続きを読む

梱包状態

「暖簾を畳む」

季節の変わり目、暖簾を交換する時に、絶対に絶対に暖簾を畳まないでください。
暖簾にまつわる言葉もイロイロありますが、暖簾を畳むというのは、お商売をやめてしまう、閉店するという意味です。 続きを読む

洗うべきか洗わざるべきか。。

Studio MOFUSAでは制作段階で熱湯等により十分洗い、色止しています。ごく普通の使用で水がかかる程度では色落ちや色移りすることはありません。しかし台風等の大雨大風のような状態で、いわゆる「ずぶ濡れ」状態になると雨染みがついたりすることがありました。

続きを読む

末永く使ってください。

スタジオモフサの製品は天然の素材を使用し、
プリントや印刷とことなって伝統的な蝋防染と引染という方法で一点ずつ染めています。
とっても面倒くさい仕事なのですが、風雨に晒されて生地がすり切れるまで、何度でも染め直してずっとずっと使ってもらいたいから、こんなじれったい方法で続けていきます。
続きを読む

about

スタジオモフサについて

主に注文暖簾を制作していますのでお店の方には「のれん屋さん」と言われることが多いです。
続きを読む

内田商店

愛媛県 内田商店

6/5~6/22
愛媛 内田商店
愛媛県というのは四国の左上にある県で、四国というのは学生時代に友達とオンボロ2ストロークジムニーで、瀬戸大橋、鳴門大橋に挑戦して佐田岬の先まで旅行したり、アマゴというヤマメのような川魚を釣りにハマったり、時にはマムシ騒動に巻き込まれたりと、なかなか思い出たっぷりな土地でもあります。なかでも愛媛県は九州からフェリーで渡った時の、圧倒されるようなミカンの段々畑!ヒッチハイクで乗せてもらった軽トラックの荷台もミカンの香りにつつまれていました。
続きを読む

tsugarumori2014

津軽森

5/31,6/1
青森 津軽森2014
続きを読む

noa13

金沢 ギャラリーNOA

7/11-7/16
ギャラリーNOA
正確には白山市という金沢市のお隣。ボクの世代ではこの名前を聞くだけで、青春時代の思い出が溢れ出る「松任」という名の駅の近くです。
続きを読む

130706_natu2

夏の風物詩 ガラスと染

7/6~7/13 13:00-18:00
momo et associés
山梨県と静岡県を結ぶ「身延線」というJRのローカル線があります。その途中に「身延山」という有名なお寺があったり、「下部温泉」という隠れた秘湯もあります。この温泉街にある「ます多」さんというお寿司屋さんが超オススメなのです。
続きを読む

林檎舎12

ギャラリー林檎舎2012

石川県は金沢市にある僕の大好きなギャラリーさん。
7/5~7/10 10:00-18:00
続きを読む

tapiriさんの「藍くて短い夏」

tapiriさんの「藍くて短い夏」ワークショップ2013

あの秋田の伝統工芸である「こけし」です。
あの「こけし」を愛するコトやまない女性が営む大泉町のカフェギャラリーがtapiriさんです。
こけしクッキーとほうじ紅茶がなかなか牧歌的なtapiriさんです。
続きを読む

kazekusa

ギャラリー風草2005

jour de painさんのひときわ元気な『おまたせー!』ではじまった印旗村の風草さんでの展覧会。ひさしぶりの野外展示で、どきどきしていたお天気も梅雨なのにこの快晴!コナラ林のなかに焼立てパンの香り。なんだか休暇のような6日間でした。
続きを読む

日本橋三越本店

日本橋三越本店

香川県の丸亀にある猪熊弦一郎現代美術館があります。私の大好きな作家さんのひとりなのですが、とてもキュートな絵を描かれた巨匠です。その猪熊氏が包装紙をデザインした三越百貨店です。
続きを読む

n0306

茶房一笑2004,06

金沢に住んでいた頃は卯辰山というところに住んでいました。愛犬と一緒に山の中を駆けずり回っていたのですが、神戸生まれの私にとっての金沢生活は得るものがとてもありました。

続きを読む

林檎舎

ギャラリー林檎舎2003

「はい、アップルカンパニー林檎舎です。」いつも電話するたびにこの声にドキドキします。「work studio Apple Company」の経営する「ギャラリー林檎舎」。日本海を望む高台に位置するとても素敵な空間です。

続きを読む

松本クラフト

松本クラフト2003,2004

スタジオモフサの暖簾の写真は野外で撮影されているものが多いのです。どうしてかこの松本クラフフトフェアーの時に撮影したものが、なんだか「いいんじゃない、採用!」となることが多いのです。

続きを読む