暖簾/

のれん N-6111

墨染めシリーズは松煙墨(ショウエンボク)といって松の根を燃やした煤から作られた墨を使って染めています。染料に比べて透明感は少なくマットな色合いが特徴です。


n6111

右からN-6111, N-0610, N-1604

n6112

N-6112

n1721

左からN6111,N-1721,N-6411(墨染)

どうして墨染めは染料と異なり、マットな感じに仕上がるのか。
染料に対して墨は「顔料」という区分に含まれます。「顔料」って聞いたこともある言葉ですが、身の回りにある「絵の具」や「ペンキ」のことだとイメージしても良いと思います。

素人が日曜大工でペンキを塗ったりすると薄いところと濃いところができてムラになったりします。それが「良い味」になったりしてそれはそれで良いのですが、プロが塗ると均一に奇麗に塗ってくれます。
墨染めも基本的には均一に染めているのですが、すこしだけ強弱をつけています。それでなくとも染料よりも色素の粒子が大きい顔料なので色の粒にできる光の陰影がマットな雰囲気を作ってくれます。
この陰影が「墨は七色に光る」と言われる墨なのです。

ご注文はこちらオンラインショップから承ります。

  • 品番
    N-6111 / N-6112
  • サイズ
    約88x130cm
  • 素材
    苧麻 白次布 / 墨染
  • 価格(税別)
    ¥23,000-
  • オンラインショップ ヤフー店

ご注文はonlineshopから承ります。

オーダー見積、お問合せ等はお客様窓口から承ります。
電話:055-273-6630 ファックス:055-275-6907
13-18時 月火定休
お問合せフォーム オーダーについて