about/お取扱いの注意/

洗うべきか洗わざるべきか。。

Studio MOFUSAでは制作段階で熱湯等により十分洗い、色止しています。ごく普通の使用で水がかかる程度では色落ちや色移りすることはありません。しかし台風等の大雨大風のような状態で、いわゆる「ずぶ濡れ」状態になると雨染みがついたりすることがありました。


291

これは普段の空気中に漂うホコリや排気ガスの煤などが付着している状態の暖簾に、大量の雨水などが染込むことで汚れが移動しながら染込んでしまう状態なのです。シミや色移りなど万一の事故をさけるためにも雨水などでかなり濡れた場合は出来るだけ早く洗っていただけると幸いです。

とは言え、そんなこと言われてもどうやって洗っていいのか。
Studio MOFUSAの製品はご家庭で洗っていただくことが可能です。ランチョンマットなどはネットに入れて洗濯機で洗っていただいても大丈夫です。暖簾等の大きなものは浴槽などで「浸け置き洗い」し、シャワーなどでよくすすぎ洗いしてください。

注意するところは2点です。
ホコリや粉塵汚れなどは洗剤を使わなくても落ちますが、整髪料などの油汚れを落とす為には蛍光剤の含まれない中性洗剤、もしくは髪用のシャンプーなどで洗うと良い感じになりますね。
はじめは若干色水がでることがあります。紫外線などで色素が劣化するので、初めて洗濯される時には水に色が流れることがあります。

もう1点は乾燥しすぎないこと。麻繊維は乾燥すると固くなるので、まだある程度湿っているうちにアイロンで乾燥させるくらいがちょうど良い感じにパリッと仕上がります。このときは洗濯糊などは使わなくてもアイロンだけでパリッと仕上がります。

もしも汚れがひどい時や浴槽で洗うのは面倒だったり、数が多くて大変だったりするときはご近所のクリーニング屋さんでお願いするか、Studio MOFUSAまでご相談ください。完全丸洗いから染め直しで古くなった暖簾も新しく生まれかえることができます。